宮森くん

君は自我が肥大しすぎたバルンガ病だ。君は他人の人生に興味はないだろう。それと同様に他人も君の人生には興味がない。君がアーティストになろうがフルマラソンを走ろうがそんなことどうでもいい。君が俺の人生がどうなろうと知ったこっちゃないのと同様に他人も君の人生なんてどうだっていい。それに気づけない人間はいつまでも自分というものに執着する。いわば子供ってやつだ。子供は自分のことばかり考えている。自分ではなく他人のことを考えられるようになって人は大人になる。

すごく簡単な理屈だけれど、いつまでも自分を捨てることができず自我ばかりが肥大し続けるバルンガ病の人間がいる。

自分を捨てろ。自分を捨てられない人間は大人になれない。いつまでも自我に執着し、いい歳こいて大人になれない人間は歪だ。そして、歪な人間は不幸になる。他人も不幸にする。誰も幸せにできないうんこ製造機が完成する。

想像しろ。お前が他人に興味がないように誰もお前に興味はない。そんなに自我を満たしたけりゃ自分のためではなく他人のために生きろ。

それができなけりゃ死ぬまで一生同じところをぐるぐる回ってるしかない。

カレー味のうんこを食うかうんこ味のカレーを食うか問題について

そんなの言うまでもなくカレー味のうんこを食うに決まってるだろ。いくらうんこ味って言ったってつまるところカレーだろ?どれだけ味はうんこでもカレーはカレーでしかない。

だとしたらどちらか選ばないといけないとしたらカレー味のうんこだろ。考慮にも値しない無意味な質問だ。

ブログ名の由来について本気で考えました

もっこもこっ

 

パンツを履いた状態で固形のウンコを思いっきりひりだせば、パンツはもっこもこっになります。つまりはそういことですよね?

肩書き変更

【画家という肩書を捨ててスーパーポジティブアーティストと名乗っていきます】|サンガーノ|note

 

俺も肩書き変えて画家からスーパポジティブウンコと名乗ることにしたぜ。

略してポジクソ。みんなよろしくな。

足るを知る

高学歴、高年収、ハイスペック。いわゆる勝ち組。そういうものに憧れることもある。その全てを兼ね備えた人間の人生は最高に幸福に違いない。そう思うこともあったが、もしかしたら実はそうでもないのかもしれない。

 

そう、例えばバチェラーのリンタロウである。リンタロウは上記の全てを兼ね備え、20人の素敵な女性から求愛され選びたい放題なのに結果的に誰とも結ばれることはなかった。

つまり、どの女性と一緒になっても自分は幸せになれない。そう判断したのだろう。

スーパーセレブバチェロレッテフクダモエコにしてもそうである。17人の男性から求愛され選びたい放題なのに誰も選ばなかった。

つまり、どの男性と一緒になっても自分は幸せにはなれない。そう判断したのだろう。

 

換言すれば、あれだけの選択肢を持ちながら誰と一緒になっても不足感や不満感があるということである。これって本当に幸せなことなのだろうか?ふとそんなことを考えたのである。

 

もし、俺がリンタロウの立場なら最高にハッピーである。

でもリンタロウはあれだけの選択肢がありながら不足感しか持てないのである。

 

毎日高級料理を食べられるけど何を食べても美味しく感じられない舌を持って生まれるのと、高級料理めったには食べられないけど、何を食べても美味しいと感じる舌を持って生まれるのはどちらが幸せなんだろうな。

そんなことを思った。

医者とニートの社会に対する貢献度って、ほぼ一緒??

www.gloriousblogger.net


地球への貢献度や宇宙への貢献度ならともかく社会への貢献度がニートと医者が一緒っていうのはさすがに苦しくね?

言及した記事の主張を簡単に説明すると、医者のいない世界では医者を必要としないから医者がいなくても幸福度には関係ないというもの。

なぜか感動だけが幸不幸の尺度になっているのが疑問なのだけれど...。
医者は世の中の人間に関しての幸福度を特に高めてはいません。とか言ってるけど、これは間違っていると思うよ。理由は俺は40年より80年生きたいし、怪我や病気は治してもらいたいし、健康でいたいし、自分だけじゃなくて愛する人に健康で長い生きしていてほしいと思っているから、それを解決してくれる医者がいることで俺の幸福度を高めてくれているし、俺と同じようなことを欲していて考えている人はこの世界に無数に存在していて、その無数の存在の総称が社会だから。


翻って、ニートがこの世から全員消えても、俺は別に不幸にはならんし、ニートがいても俺の幸福度は特に上がらない。だからニートは医者よりも俺に貢献してくれていないって考えているんだけど、俺と同じようなことを考えている人はこの世界に無数に存在していて、その無数の存在の総称が社会だから。


怪我や病、苦しみを解決したい。そうしたニーズが社会に存在する限り医者はなくならないし、医者がいない世界..とか無意味な議論。医者がいるからそれを利用するんじゃなくて、ニーズがあるから医者がいる。それが社会。