ももねいろのももねさんのももから噴き出るキーマカレーに練乳をぶっかけることを夢見た遠い日の夏

時間は全てを変えてしまう。

ももねいろも消えたしももねさんも消えたしももねさんのももも消えてしまった。

みんな消えてしまった。

やがて記憶は風化するだろう。